「ネコ派」のための大紹介!自由気ままなネコの生態のすべて

ネコ(イエネコ)はイヌと双璧をなす、ペット界の一大アイドルです。多くの人が「ネコ派」と「イヌ派」に分かれて、なぜか対抗意識を燃やしているようにも思われます。

生物の分類学的には、ネコ目-ネコ亜目-ネコ科-ネコ亜科-ネコ属-ヤマネコ種-イエネコ亜種に分類されています。イヌが、ネコ目-イヌ科-イヌ属に分類されていることから、生物学的にはネコの方がイヌよりも主になっているようです。

ここでは「ネコ派」のために、自由気ままと見られているネコの生態を紹介するすることによって、更にネコへの理解を深めてもらおうするものです。

ネコは元々ヤマネコとして野生で暮らしていたものが、ネズミを捕らせるために家畜として人と暮らし始め、やがてペットとしての地位を確立してきました。一度は人に飼われたことのある祖先を持つネコは、ノラネコであってもネコ(イエネコ)と同じような生態・習性が見られます。

ネコの生態・習性としての、睡眠・爪とぎ・攻撃手段・毛づくろい・しっぽの動き・スリスリ・視線・噛み付き・ミルキング・砂かけ・マーキング・歩き方などから、ネコへの理解を深めていく事ができます。

更にネコ好きが高じる!ネコの生態を見てその気持ちがまるわかり

ネコを平均的な数値で表わすと、体重2.5~7.5キロくらい、しっぽを除く体長75センチくらい、しっぽは40センチくらい、肩までの高さは35センチくらいです。どちらかというとネコ科の動物の中では、かなり小さい部類に入ります。

かつては野生であったネコには、その痕跡を残したような身体的特徴がいろいろあり、現在の生態・習性にも影響を与えています。この生態・習性にはネコの気持ちが込められているのです。

ネコは、樹上生活の名残で平衡感覚・柔軟性・瞬発力などに非常に優れていています。また、特徴的な爪や牙、静かな足音、ほとんどしない体臭と、対立派閥のイヌとは明らかに違っています。

ネコの身体的特徴は、毛・目(視覚)・耳(聴覚)・鼻(臭覚)・舌(味覚)・牙・ひげ・しっぽ・襟首・指・おしり・鳴き声などにいろいろ見ることができ、そこからネコの気持ちがわかり、更に好きになっていくのです。

飼い猫の場合には、飼い主がごはんのことも良く見てやる必要があり、生態・習性からネコの気持ちを汲み取る事は、とても大切なことになります。ここでお話しすることを少しでも参考にして、ネコとの付き合いを深めていってください。