ママ猫の記憶がよみがえる?ネコの【モミモミ】は子猫の頃の名残

ネコがイヌや他の動物と仲良くしている、そんなテレビ番組なんかを見たことはないでしょうか?その中でネコが、他の動物をまるでマッサージでもするかのように、前足でモミモミするようなしぐさを見せる事があります。

このモミモミ動作は、ミルキングとも呼ばれるもので、子ネコがママネコのおっぱいを飲む時に、そのお乳を出やすくするために、揉むしぐさと同じなのです。子ネコの場合は、おっぱいを飲む時期を過ぎても、おかあさんといる時に甘えたくなると、このしぐさをするのです。

ママネコに甘えていた記憶は大人になっても残っているようで、成長したネコにもこのモミモミ行動は現れてくるのです。飼われているネコであれば、飼い主さんがママネコのようなものなので、ある日突然、このモミモミしぐさで甘えてきたりします。

モミモミしぐさは、前足で交互に対象物を押して、同時にその指を閉じたり開いたりするもので、まるでマッサージでもしているように見えてしまいます。また、揉む対象が無いときでも、まるで何かがあるようにして、指をグーパーグーパーすることもあるようです。

一番モミモミ行動を見ることができるのは、ネコが眠っている時です。ママネコに甘えていた頃のことを夢にでも見るのか、マッサージ対象が無くても、前足の指を一生懸命にグーパーするのを見ることがあります。

ネコがモミモミしぐさをする時は、とっても幸せな気持ちになっているということなので、とにかくかわいがってあげましょう。最高潮の場合ネコは、のどをゴロゴロ鳴らして、その喜びを最大限に表現します。

中には、おっぱいを飲んでいた時そのままに、毛布やタオルなどがあれば、それをチュウチュウ吸ったりもします。ネコが眠りながらモミモミしぐさを始めたら、タオルなどの柔らかいものを持たせて、おっぱいのように吸えるようにしてあげると、ネコは更に幸せな気分になること請け合いです。

早いうちにママネコと離ればなれになったネコちゃんは、特にこのモミモミしぐさが多くなるかもしれません。なぜなら、もっとおかあさんに甘えていたかったという気持ちが、とても強く残っているからです。

甘え足りないネコちゃんは特にそうだと思いますが、飼い主さんをママネコに見立てているようです。最近では、子ネコのうちに避妊の処置を受けているため、大人になりきれていないネコちゃんが多くなっていて、モミモミしぐさをすることも多いのでしょう。

ネコが甘えたくなった時には、飼い主さんが寝っ転がっていようものなら、すぐに上に乗っかってきて、モミモミしぐさを始めてしまいます。そんな時には、ネコの気持ちが満足するまで、じっくりモミモミさせてあげると良いでしょう。

甘えん坊のネコの中には、飼い主に頼りきっている子もいます。夜になって自分が眠くなると、飼い主さんにも一緒に寝て欲しくて、お布団をモミモミして、「一緒に寝よう」アピールをしてくる子もいるのです。

ネコのモミモミしぐさは、その子たちの甘え心を満足させるための大事な行動です。ネコ派のみなさんは、そこのところを良く理解して、ネコのモミモミしぐさに付き合ってあげてください。