ネコの【スリスリ】行動には愛情タクサン!そこに込められた意味

ネコがそっと身体をこすり付けてくる、スリスリしぐさにはメロメロになります。このスリスリは、野生で暮らしていた時からの本能で、ネコはいたるところにフェロモンを付けて、マーキングをして歩かないではいられないのです。

通常、物に対するスリスリは、縄張りを確立するという意味があるのですが、飼い主などの人にスリスリする時には、別に何か訴えたいことがあるのです。いろんなスリスリ行動にどんな意味があるのか、見ていきましょう。

スリスリする一番の理由は、イヌなどの縄張りを設定する動物に見られる、マーキング行動というものです。ネコは、自分の縄張りを示す手段として、体のあちこちからフェロモンを出したり、オシッコをかけるなどの行動を起こします。

ネコが家の中を歩き回る時に、いちいち曲がり角の壁や、ソファの角などに、身体をこすっているのを見たことがあるでしょう。このスリスリしぐさが、縄張りを確立するためのマーキングで、自分の居心地の良い場所を指定しているのです。

スリスリの対象が人になると、その意味合いはまた違ってきます。縄張りという意識もあるのかもしれませんが、人へのスリスリは、その人への愛情を表わしていると考えられるのです。

特に愛情を表現するスリスリの時には、しっぽを立てて信頼の気持ちを合わせるのが普通で、ネコの心の内は手に取るようにわかります。この行動は飼い猫に限って見られるもので、ノラネコにはマーキングの時にしっぽを立てることは無いということです。

それでもノラネコの中には、エサを与えたりやさしく声をかけたりすると、しっぽを立てながら身体をスリスリしてくる子もいたりします。たぶん、人に飼われたことがあるか、飼い猫がいる近くで生まれ育ったかしたのでしょう。

スリスリの対象が他のネコである場合も人と同様で、愛情を表現しているものと考えられます。子ネコを見ていても、ママネコにしっぽを立てながら、身体をスリスリしていく姿を見ることがあり、この行動の意味が良くわかります。

エサを入れ忘れていて、ネコのお茶碗が空っぽになっている時にも、スリスリしぐさは見られます。早くごはんを頂戴とばかりに、鳴きながらスリスリしてくる姿に、またまたイチコロにやられてしまいます。

おねだりするスリスリしぐさは、この他にも、一緒に遊ぼうという時に出てきます。とにかく自由気ままなネコちゃんは、自分が遊びたくなると、スリスリやって愛情いっぱいに飼い主を誘ってくるのです。

家を空けていて、ネコちゃんに留守番をさせていると、帰った時にもスリスリしてきます。これには、他のニオイを付けてきた飼い主に、縄張りのマーキングをしているということもありますが、しっぽを立てていれば、帰ってきたうれしさを最大限に表現してもいるのです。

このようにネコちゃんは、スリスリしぐさで安心感を得て、愛情表現をしています。ネコがスリスリしてきたら、アナタも負けじとスリスリし返してあげて、良好なコミュニケーションを取ってみてはどうでしょうか。